手術立ち合い/20220416

2022年4月の活動

【業務内容】

■E棟3Fのインターホンで立会いの件を伝える。

手術室に向かうのでそれまで通路の椅子で待機。看護師さんより「午前の手術が延びている」とのことで、開始時間が遅れる見込み。手術室に向かう際に面会する意向を伝えPHSを受取る。約1時間遅れの13時30分に手術室に向かい、H様に挨拶。

■医師説明

右腎盂・尿肝腫瘍を病理検査したところ問題なかった。腎尿管全摘出するまではなかったので、腫瘍のみを摘出したと立ち話。事前の説明では右腎臓は機能していないと話をしていたので、切除するほうが再発のリスクは減少すると思われていただけに、腑に落ちない説明だった。

■4FICU
H様と面会
麻酔からは覚醒されていたが疲れたご様子。腫瘍のみ切除と伝えるとガッカリされた様子。また再発する可能性が高く手術を受けるにも体力の消耗が激しいと思われる。