H様のファミリーサポートとM様の病院付添と自宅売却相談/20211202

バディファミリー活動内容

H様対応
・いつものお掃除

・ズボン下を衣替え
→引き出し中の位置を変更。

・浴槽について
→本日もお湯を沸かすと小さなゴミが浮いてくると指摘がありお湯を確認。確かに小さいゴミが浮いており、洗い方を確認。


M様対応
・産婦人科への病院付添
左卵巣嚢腫11センチ。ご本人は40年前にも婦人科診察で同じ診断だったが手術の必要は無いと言われたと話す。医師より、出産の時に分かったのかと聞かれご本人はそうだと答えた。(しかし、申出書には未婚と記載があり、医師に伝え済み)

通常手術になる大きさだが、ご年齢や体調の事を考えるとリスクが大きいので、痛みが無ければ近くの婦人科クリニックで半年毎の定期診察でよいと言われた。
ご本人も、痛く無いからそれでいいとお答え。私は生きていてもあと2年ぐらいと繰り返す。

日常生活の制限はなし。

・自宅売却の意思確認
本日は割としっかり会話のやり取りが出来た為、施設に入る為の資金の確認をさせて頂き、預貯金が少ないことお伝え。本人も自覚があり、自宅の売却も仕方がないと話す。

会話の様子を動画で撮影したところしっかり会話をされてることもあれば、ビルで寝泊まりしているとおっしゃったりする。施設の場所は山が良いと話す。旅行は東北が多かったよう。(海は地震が怖いと仰る。)

午後14時頃は調子が良くしっかり会話が出来るが、夕方は一番酷く、話が全く噛み合わなくなる。老健入所で進めているが、空きがあまり無いそう。入所までに2、3週間かかる。もし、空きが出なければ別の病院を手配。

本件について書類に記入されていた緊急連絡先の姪御様へ架電。

バディ:北山
お客様との信頼関係が築けると、業務時間中は仕事と切り替えながらも、何気ない会話の中で「娘のようなものなんだから」と言っていただけるのが嬉しいです。「困ったことがあったら言いなさいよ」なんて、逆にお気遣いいただいたこともあるほどです。もちろん、お客様が困ったときに駆け付けるのが私の役目です。



バディファミリーサービスについて詳しくはこちらをご覧ください!