65 施設入居の際は目的を明確に

介護施設には大きく分けて民間施設と公的施設があり、民間施設の種類としては介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、グループホームがあり、公的施設の種類にはケアハウス、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、介護医療院というものがあります。

民間施設と公的施設では入居に際してや月額の費用面では公的施設の方が民間施設に比べて安いというメリットがありますが、待機人数の割合が非常に多いため即日入居が出来ることはほぼ無いに等しく、民間施設に於いても超高齢社会の昨今では対応できるサービスの手厚さや設備などの充実を図っている施設も増え、特養までとは言わずとも入居を希望しても待機を余儀なくされるケースが多くあります。

そのような現状の中でも皆さまが介護施設を探し始める時点で一つだけ明確になっていることがあると思います。
それは、介護施設を終の棲家とするのか否かという事です。
自立度が高く、日常生活にも自由の幅を保ちたいと希望さてれる方は住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅にご興味を持たれることと思いますが、一般的にこれらの施設では介護度が高くなると入居を継続することが難しくなります。

数ある介護施設の中からニーズに適った所を探し出すのは大変ですが、「今ここなら空きがあるし入居しやすいから」という現状だけで決めてしまうと、退居しなければならなくなった時には更にハードルが高くなってしまう可能性があるので注意が必要ですね。
施設のお部屋例