71 特別養護老人ホームは特別!?

特別養護老人ホームは略して「特養」と呼ばれています。
特養は有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅とは違い、入居条件を満たしていれば入居費用がかからず、月額利用料も安く設定されているため経済的に優しい施設であると言えます。
そのため入居希望者は全国的にみても非常に多く、待機者が後を絶たないという現状です。

介護士をしている私は以前、友人から特別養護老人ホームの「特別」に関して何が特別なの?という質問を受けたことがあります。
「特別」という文字が付いていれば他の施設とは違う何かがあるのかと。
特養は社会福祉法人や地方自治体が運営している施設なので、低価格なのに充実したサービスが受けられること、そして一度入居すると、基本的には終身で入居し続けられるというシステム自体がまさに「特別」なのかも知れませんね。

最近ではユニットケアというスタイルを取り入れている施設も多く、担当職員を決めて対応されているのでご入居者は大体同じ顔触れの介護士さんがお世話を担うという形が取られています。
特養だけに留まらず、どのような施設に於いても言えることですが、そこを利用される方にとってもそのご家族にとっても特別と思えるような施設と巡り合えると良いですね。